【8/27開催オンラインセミナー】ドローンにおける5G利用制限緩和、制度改正とセキュリティリスクとは

2020 年から順次サービス提供が開始されている、5G やローカル 5G(第5世代移動通信システム)。政府は 2020 年 2 月に、5G システムやドローンなどの最先端技術の育成に向けて、企業の開発を後押しするための新法案を閣議決定しました。

2016 年からドローン(無人航空機)における携帯電話などの利用に関する実証実験と検証が行われてきました。ドローンなどの上空での SIM の利用制限が緩和され、本格的に活用されることが想定されています。
ドローンなどの 5G 利用制限が緩和されることにより、ドローン産業および関連するビジネスは大きく変革していきます。遠隔での自動航行や撮影した画像などのデータもリアルタイムで伝送、取得することができるようになります。

ドローンの 5G 活用においては、物理的な安全性の担保に加えて、サイバー攻撃に対する安全対策を講じる必要があります。
また、2020 年 6 月に無人航空機の規制強化に伴う航空法改正が行われました。

本オンラインセミナーでは、5G 活用によるドローン産業にもたらす変革と活用事例やドローン所有者に登録義務を課す改正航空法について解説するとともに、ドローンのセキュリティリスクとその対策について解説します。

開催概要

日時2020 年 8 月 27 日(木曜)14:00~15:00
13:45 より開場予定
会場オンライン開催
主催一般社団法人セキュアドローン協議会
共催一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会
WirelessWire News
対象ドローン活用事業者、ドローンサービス提供事業者など
参加費無料
定員100名(事前登録制、先着順)

プログラム(予定)

14:00-14:45『ドローンにおける5G利用制限緩和、制度改正とセキュリティリスクとは』
一般社団法人セキュアドローン協議会 会長 春原 久徳
14:45-15:00質疑応答

お申込み:

以下のお申込みフォームより、必要事項をご記入の上、お申込みください。

btn_entry

お問い合わせ

本件に関してお問い合わせ等ございましたら、 event@secure-drone.org までメールにてご連絡いただけますようお願いいたします。